学費の安さが魅力

通信制大学の魅力とは

勉強したいなと考えているけれど、自分の年齢を考えてしまったり、忙しかったり、費用が気になったりして、一歩を踏み出せない人はいませんか。通信制大学なら、自宅で空いた時間に勉強することが出来ますし、何歳からでも入学することが可能です。 費用は、大学によって違いはありますが、入学金が2~30万円ほどで、学費が年間10~20万円くらいです。これに、実際の大学で講義を受けることのできるスクーリングという制度があり、そのスクーリング代や、教材・試験料などが加算されます。4年間で卒業出来た場合は、100万円ほどで学士を取得できるので、全日制の大学と比較すると、半額以下になっているところが殆どです。費用を抑えたい場合は、スクーリングをなるべくしないで卒業出来る学校を選ぶことや、すでに単位を持っている人は、編入についても調べてみましょう。

あの一流大学にも通える!

通信制大学には、誰もが知っているような有名大学もあります。通信制大学では、原則的に入学試験はないので、好きな大学を選んで申し込むことが出来ます。高校卒業の資格があれば、誰でも一流大学での学びを家で体験することが出来るのです。基本的に、自宅での学習になりますが、年数回のスクーリングでは、憧れのキャンパスに通うこともあります。一流大学は、通信制といえどもレポートや試験などが難しいですが、卒業したら、そこの大学の卒業生になれることが大きなメリットだといえます。また、すでに社会人の場合、大学に入ろうとすると休職したり、退職したりする必要がありますが、通信制大学の場合は仕事をしながら学ぶことが出来ます。