学習時間の確保が大変

入学後に早い段階で生活スタイル合った学習習慣を身につけよう

通信制大学は、自宅学習が中心となり大学に通学をする機会も少ないため、社会人も自分のペースで卒業を目指せるといった利点があります。一方で、普段から仕事が忙しい人や子育て中の人などは、学習時間の確保が大変になることもあります。そのため、なるべく短い期間で卒業に必要な単位を取得したい人は、入学後に早い段階で自分の生活スタイルに合った学習習慣を身につけることが重要となります。たとえば、オンライン授業を導入している通信制大学においては、都合が良い時間に苦手な箇所を繰り返して学習することが可能です。また、自宅学習ばかりでは学習意欲を保つのが難しいという人は、定期的に気分転換を兼ねてスクーリング授業に参加をするのも良いでしょう。

教員や学習アドバイザーがフォローをしてくれる大学がおすすめ

通信制大学に入学をする目的は、学位取得や資格取得、職業上の問題解決など人それぞれですが、自分の目標を達成するには、日ごろから適切な形で学習支援をしてくれる大学を探すことがおすすめです。通信制大学の卒業率は、一般的な大学と比べると低い水準にありますが、四年間で卒業を目指すには、仕事終わりや休日を利用して効率良く学習を続けることが肝心です。通信制大学によっては、メールや学内SNS、相談シートなどを通じて、いつでも教員や学習アドバイザーとコミュニケーションが取れるシステムを採用しているところもあります。そこで、入学先の候補を決めるうえで、余裕を持っていくつかの通信制大学のホームページや入学願書を使って情報収集をすることが大事です。

国語の教員免許を通信制大学で取得することができます。一度大学を卒業している場合は、通常よりも短期間で国語教員の免許を得ることも可能です。